労働問題

昨今の不況の中、賃金の未払い、不当な解雇、パワーハラスメントなど様々な労働問題が発生しています。

今後、さらに、これらの問題が増えていくものと予想されます。

 

司法書士も、これらの問題に対して、司法書士が有している代理権(訴額が140万円まで)の範囲で取り組むことができるようになりました。

当事務所でも、労働問題に対して、可能な範囲でご相談に乗り、対応させていただきたいものと思います。

1 賃金に関するご相談

2 解雇に関するご相談

3 職場でのいじめやパワーハラスメントに関するご相談

 

 

▲このページのトップに戻る