相続財産の調査

遺産を調査し、相続財産を確定させます。

遺産には、プラスの財産である、現金、預貯金、不動産、株式、生命保険金、動産などとマイナスの財産である、借金、保証債務などがありますが、これらについては、すべて正確に把握する必要があります。

うっかり漏れがあった場合、後に行う遺産分割協議や相続放棄などの影響することがありますので、これらのものが分かる書類をしっかりと保管しておきましょう。

 

 

1 不動産の調査

被相続人が持っていた権利証があれば、それを基に不動産を特定することができ、また、固定資産税・都市計画税の納付書があれば、そこに不動産が記載されていますので、特定することができます。

これらの書類がない場合には、被相続人の居住地や被相続人が所有していたであろう不動産の所在地の市役所や税務事務所にお問い合わせをして、名寄帳という書類を取得します。

例えば、被相続人が東京都台東区に所有していた不動産がある場合には、台東区にあるすべての不動産が名寄帳に記載されております。ただし、東京都台東区以外に被相続人が所有していた不動産がある場合には、その土地の所在地の市役所・税務事務所で名寄帳をとらなければ、被相続人所有のすべての不動産を把握することは、できません。

また、名寄帳には、固定資産評価額が載っていますので、遺産分割協議を行う際などの不動産評価の参考資料となります。ただし、固定資産評価額と取引価格は異なります。

 

2 被相続人の負債がある場合

被相続人が負った借金がある場合には、契約書や郵送物などから調べます。借金した相手が、分かれば連絡し、残金がいくらであるかを調査します。

借金も相続されますので、しっかりと調査しておかないといけません。

被相続人にほとんど財産がなく、借金の方が大きいような場合には、相続放棄をした方が、よい場合があります。

 

▲このページのトップに戻る