当事務所の考え

司法書士の業務ってどんなことをするのですか?という質問をよく受けます。以前は、不動産登記、商業登記といった登記申請に関する業務が多かったのですが、最近は、簡易裁判所での民事訴訟の代理人として民事訴訟などに関する業務も行うことができるようになり、業務の幅が広がりつつあります。

民事訴訟となると、民事上の争いごと全般になるため、一言で、どういった内容まで業務をすることができるのか、という説明は難しいですが、当事務所としましては、お客様のご質問に対し、可能な限り分かりやすくご説明をさせていただきたいと思いますし、ご依頼内容を的確に把握し、最適なアドバイスをしつつ、懇切丁寧に業務を行っていきたいものと考えております。

弁護士に依頼すると着手金だけでも、結構な額となってしまい、法的なサービスを受けることができない方、司法書士の業務内容がよく分からずご依頼するのを躊躇されている方、また、法律相談をしたいけれどどこに相談すればよいか分からない方など、不安を感じられている方に、お気軽にご連絡していただきたいと思います。

また、法律的な問題は時効の問題も結構大きかったりします。あまり、ほったらかしにしておくと後で、痛い目にあうこともありますので、問題を先延ばしにせず、まずは、ご相談をされることをお勧めいたします。

 

▲このページのトップに戻る