相続人の廃除

相続人の廃除とは、相続人が被相続人に対し、虐待をしたり、重大な侮辱を加えたり、相続人に著しい非行があったときなど、被相続人の意思でその相続人を相続人から除外することができる制度です。

ただし、相続人が兄弟姉妹の場合には、廃除することはできません。この場合には、遺言で兄弟姉妹の相続分をゼロにしてしまえば、兄弟姉妹は、まったく相続財産を取得することができなくなります(兄弟姉妹には、遺留分がないためです)。

具体的には、被相続人が生きているうちに、家庭裁判所に相続人の廃除の請求することができます。

また、被相続人は、遺言でも相続人を廃除することができます。この場合には、遺言執行者を指定しておく必要があります。

相続人を廃除する遺言書の文例

▲このページのトップに戻る