内容証明郵便の書き方

では、内容証明郵便を実際には、どのように作成すればよいのでしょうか。

内容証明郵便は、1ページに書くことができる文字数は決まっています。

1行に20字以内、1枚に26行以内です。

市販されているものを使ってもよいですし、ワープロ等で1行の文字数と1ページの行数を指定すれば、結構簡単に作成することができます。

内容の作成につきましては、相手方に対してあまりに感情的になりすぎてしまいますと、客観的に見ても、よくない文章になってしまいがちになりますので、あくまで証拠を残すことが、主たる目的であることを認識することが大切です。

まちがっても、脅迫となったり、単なる侮辱となってしまうことがないようにしましょう。

 

文章が書き終わりましたら、よく見直してもう一度確認し、よければ、差出人(あるいは通知者などともいいますが、ともに内容証明郵便を出す方の人の呼び名です)のお名前のわきに押印します。このときの印鑑は、実印である必要はなく、通常使用している印鑑で構いません。ただし、シャチハタなどの印鑑は避けた方がよいでしょう。

なお、ページ数が2枚以上になった場合には、ホッチキスなどで綴じ、ページとページとの間に割印をすることが必要となります。この割印は、上記の差出人の氏名のわきに押印した印鑑でします。

 

内容証明は、同じ内容のものを3通作成し、郵便局に提出しなければなりません。

1通は、相手方に郵送され、1通は、郵便局で保管され、残りの1通は、差出人の保管用となります。

 

 

▲このページのトップに戻る