住宅ローンを完済したとき

銀行や住宅金融支援機構などの住宅ローンで住宅を購入し、その際に住宅を担保に抵当権を設定して、その後、ローンを完済したような場合には、抵当権の抹消登記をすることができます。

この場合、抵当権抹消登記は、必ずしなければならないかというと、そうではありません。

抹消の登記をしなくても、ローンが完済されているので、抵当権ももうすでになくなっていることになります。

しかし、実際に抹消登記をしないと、新たに抵当権を設定したり、住宅を売ったりする場合に、支障が生ず

ることがあります。

したがって、なるべく早めに抵当権の抹消登記をすることをお勧め致します。

また、銀行等から送られてくる抹消登記のための書類の中には、登記の際に3か月間のみ有効というような書類もありますので、やはり早めの対応をするのが、よろしいでしょう。

弊事務所に、抵当権抹消登記をご依頼された場合、お手続きはおおまかに以下のようになります。

 

@ 銀行等から送付されております抹消書類をご持参いただきます。ご身分を証明できる運転免許証など

 もその時にご持参いただきます。

                    ⇓

A 現在の登記簿を弊事務所で調査します。もし、直近の登記簿謄本があれば、最初にご来所いただく際

 にご持参いただきます。

                    ⇓

B 抵当権抹消登記の委任状に、ご署名・ご捺印(ご実印でなくて構いません)をしていただきます。

                    ⇓

C 登記費用をご入金または、ご持参いただきます。

                    ⇓

D 弊事務所が管轄の法務局に登記申請を致します。登記が完了するまで、おおよそ、1週間程度かかり

  ます。

                    ⇓

E 登記完了後に還付書類(抵当権設定契約書、代表者資格証明書、抵当権解除証書、登記完了証等)をお返し致します。

 また、この際に抵当権抹消登記が完了した後の登記簿謄本(最新のもの)をお渡し致します。

 

以上のような流れになります。土地と建物が1つずつの場合のおおよその費用の目安ですが、すべて込の総額で、18,000円〜20,000円程度になることが、多いです。                                 

 

 

▲このページのトップに戻る